線形代数学

理系大学生は避けて通ることのできない線形代数学についての動画です。
サムネイルをクリックするとYouTubeが開きます。
テスト対策
特別講義
連続講義

テスト対策

行列式の求め方

行列式の求め方
定期試験によく出る「行列式」の計算方法を徹底解説しました。大きいサイズの行列の行列式計算は「余因子展開」を用いて計算する手法で統一しています(これがオススメ)。ぜひ一緒に手を動かして感覚を身につけましょう。ヨビノリの記念すべき第一弾の動画です、初々しい「ファボゼロのボケ」を必ずチェックしよう。

連立一次方程式の解き方

連立一次方程式の解き方
連立一次方程式が何故「行列」を用いて書けるのか、という基本的な所から解説しています。実際のテストでは行列の成分に具体的な数が並ぶことが多いので、その際に有効な「掃き出し法」で統一して解説しています。この講義動画を撮ったあとは腱鞘炎になりました。ぜひその計算を体験してみてください。

逆行列の求め方

逆行列の求め方
大きいサイズの行列の逆行列を求める計算は教科書や参考書を見てもなかなか慣れるものではありません。一番良い方法は[効率良く計算している人の姿をそのまま見て自分でも手を動かしてついていくこと]です。この講義ならそれが実行できます。動画の最後に隠し要素が(まともに)入った初めての動画です、最後まで忘れずにチェック。

固有値・固有ベクトルの求め方

固有値・固有ベクトルの求め方
固有値・固有ベクトルの定義から確認し、例題を解くことによって計算手法を身につけます。突然現れる「固有方程式」や解が定まらない「不定方程式」に悩んでいませんか?どこよりも分かりやすく、どこよりもコンパクトに固有値・固有ベクトルを解説します。メジャーデビューしたバンドマンが今後も成功する方法も収録。

特別講義

なぜ線形代数か

なぜ線形代数か
理系大学生が必ず習うor習わされる科目である「線形代数」。その理由は一体何なのでしょう?今回は中でも『行列計算を学ぶ意義』に着目してその学問の魅力を語ります。数学の勉強が100倍楽しくなること間違いなし!でもプーさんのハニーハントの方が確かに楽しいよね。わかる

ベクトル空間\UTF{2460}(定義)

ベクトル空間①(定義)
何人もの理系大学生を闇に葬ってきた『ベクトル空間』。多くの大学生にとって初めて「定義から分からない」という気持ちにさせてくれるものだと思います。それもそのはず、その「定義」が一番難しいのが大学数学なのです。今回は3本立てでその定義を徹底解説していきます。冒頭では"3本連続謎かけ"を頑張ります。

ベクトル空間\UTF{2461}(易しい例)

ベクトル空間➁(易しい例)
第一回で解説した定義を満たすベクトル空間の例を見ていきます。まずは一見、明らかに満たしそうな"易しい例"から始めましょう。その明らかなことをゆっくりと確認し味わっていくのが抽象数学で大切な学習法です。そういえば今回の謎かけ、わりと気に入ってます。

ベクトル空間\UTF{2462}(難しい例)

ベクトル空間③(難しい例)
「なんで私がベクトル空間に?」みたいなやつを解説します。ポイントはこれまでの先入観にとらわれず、ただひたすら定義を盲信することです。それが抽象数学をやる上で大事な姿勢。これまでのフワフワ感が一気にとれる。そんな講義です。

連続講義

線形代数\UTF{2460}(概観&ベクトル)

線形代数①(概観&ベクトル)
線形代数って何だろう?何のためにやるんだろう?そんな初歩の初歩から始める線形代数の連続講義です。これまで自分がもってた数学の世界をグッと広げましょう。大学数学を始めたかったらまじはここから。全国民見てくれほんと。

線形代数\UTF{2461}(行列)

線形代数➁(行列)
数を並べてニヤつくのが理系です。そんな新しい数学的対象「行列」についての演算規則を色々と見ていきます。やっと線形代数学っぽくなってきましたね!本当に楽しいのはここからです・・・。